« 今日の課題 | トップページ | いろいろ »

2006年7月 6日 (木)

小川山 

昨日(火曜)、小川山に行ってきました。

天気予報を見て、「梅雨時期にしては悪くない。」と思って行ってきた訳です。

で、だらだらしてたので家を出たのは夜の11時(月曜の)。

半分下道、半分高速という中途半端にリッチ、いや貧乏な行き方で廻り目平に着いたのは3時半(一人で行ったので足代割り勘できないんで)。

次の日は予報通りのくもりで気温20℃弱という典型的な、「梅雨時期にしては悪くない。」お天気。

のんびり起きてお昼ぐらいから始動。

とりあえずビクターでアップ。

実は小川山はあんま来た事が無いので、こうゆう機会にクラシックな課題でもさわっておこうと思ったわけですね。

コンケーブ(3級) 、ビクター(1級)、サブウェイ(3級)などを登り、TWO MONKS (2段)をさわってみる。

なぜだか分からないですが、むちゃくちゃ遠い課題だと自分の中で勝手にイメージしてて、トンでもないムーブを試そうとしてました。

当然できるわけでもなく、こりゃむずかしいなぁ、と思いヤメ。

後でクライミング界のジャンボO崎に聞いて自分の勘違いに気づき、思い込みとは恐ろしいもんだなぁと考えさせられました。

で、林の中のボルダーを一通り散策、トライしてみました。

さすがに林の中は湿気がモワッっとしています。岩は苔むしていてなんか黒いです。

MNP(1級)に初トライ。オンサイトだったし、雨でチョーク跡が消えていたせいかみんな登ってるやり方とはぜんぜん違う登りかたで登ってしまう。このやり方だと2~3級かな。

「MNP.mp4」をダウンロード

機会があればデフォルトムーブでやってみます。

ちょっと高い課題なので少しびびって声出ました。アローンだしね。

その後、奥のドッペルゲンガーじゃなくてテンペル・タットルにトライ。

こちらもびびりながらもランジを決め、「こりゃいい映像が撮れてるだろ~。」と思いチェックしに行くと電池切れ・・・・

結局これが今日最後のクライミングになりました。

まあ、梅雨の合間ののんびりクライミングにはよかったかな。

帰りは中津川経由で帰宅。

行き帰りで鹿に遭遇した回数 → 5回

|

« 今日の課題 | トップページ | いろいろ »

CLIMBING」カテゴリの記事

コメント

小川山よかですね。こっちは休みのたびに雨ですばい。9月くらいに関東へ行きます、いや行きたいです。そのときはヨロシク!

投稿: K | 2006年7月 6日 (木) 22時29分

>Kさん

九州は雨続きらしいね。

9月は行きたいじゃなくて、
来なさい(笑)

投稿: おかのかん | 2006年7月 7日 (金) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85263/2516750

この記事へのトラックバック一覧です: 小川山 :

» 小川山 [日本の山]
小川山小川山(おがわやま)は山梨県と長野県の境にある標高2418mの山で、奥秩父山塊|奥秩父の山域の主脈の一つ。近辺は花崗岩の岩盤で構成されていて、1980年代以降、フリークライミングのメッカとなっている。フリークライミングの世界では大きな岩の塊をスラブといい、これを攀じ登ることに喜びを見い出すわけ...... [続きを読む]

受信: 2006年8月18日 (金) 09時08分

« 今日の課題 | トップページ | いろいろ »