« 帰国 | トップページ | Asian championship vol.2 »

2006年10月30日 (月)

Asian championships vol.1

先日台湾で行われたアジア選手権の模様をレポートします。(ボルダーのみ)
台湾に来るのは5年前、台北で行われたアジアボルダリング選手権以来2回目です。

今回は同じくボルダリング種目に参加のタイチカが同行。
タイチカは僕と同い年で(ああ、年をばらしてしまった、すまぬ。)彼女の旦那であるタイシン共々一緒に登りに行ったりする仲です。
台北経由で台湾第2の都市高雄に到着しました。
ゲートでいきなりの「熱烈歓迎」にびっくりしました。

Sany00083

宿泊は高雄でもかなりハイランクなホテルでした。
ウエルカムパーティーで食事を済ませ部屋へ。今回はいつもお世話になっている加藤先生が日本チームのフィジカルトレーナーとして来てくれていたので、少し体をほぐしてもらい11時に就寝。

翌日6時起きで会場へ。
アイソレーションに8時に到着。
アジアの大会は国によってレベルの差があり予選はやさしめなことが多いのですが、僕は久々の国際大会だったのでみっちりアップをして臨みました。

10時半ぐらいに僕の出番がスタート。

1課題目、2課題目はセオリーに反して少し難しめでしたがそれぞれ1撃。
3課題目のダブルダイノを外したのと6課題目で足を見落としたのでそれぞれ2撃となりましたが、4、5課題目はオンサイトし予選は5位で通過しました。とりあえず一安心です。
日本人選手は全員予選を通過しました。

Sany0013_4
5課題目

Sany0025_4
6課題目

Sany0029_1
高所作業車。なんとキャタピラ!(乗っているのはセッターの飯山さん)

夜行われる男子セミファイナルまで女子の予選を見学してました。
日本人女子も全員予選通過。というか参加者数が予選通過ラインの20人を切っていたため予選参加者の全員がセミファイナルに通過出来てました。

Sany0031_1

Sany0037_1
女子予選を登るタイチカ

夜、男子セミファイナルが始まりました。
このラウンドで20人から一気に6人まで絞り込まれます。
課題数も4課題に減り少しのミスが成績に響いてきます。

1課題目は160度の前傾壁をカチホールドで進む課題。
気合を入れていったのが良かったのかオンサイト!
2課題目は上部で手順を誤り完登ならず。
3課題目は1撃目で終了点直下まで行くもののテクニカルなラストムーブがこなせず敗退。
4課題目は疲れもありうすかぶりのカチカチ課題をこなせませんでした。

結局1課題しか完登できず、「こりゃセミファイ落ちか?」と思ったのですがやはり課題が厳しかったようで5位でファイナルに進むことが出来ました。

Sany0054_1
セミファイナル3課題目

Sany0057_3
セミファイナル4課題目

セミファイナルトップ通過は松島アキトで、4課題全完登でぶっちぎりでした。(2位の韓国のソン様が2課題しか登れてない。それ以下は1課題のみの完登)

その後、女子準決勝を観戦。日本人女子は野口選手と尾川選手がファイナルに進出。
残念ながらタイチカは決勝に進めませんでしたが、予選よりは順位を上げ8位でフィニッシュしました。

Sany0063_1

Sany0068_1
女子セミファイナルを登るタイチカ

ホテルに着いたのは夜の12時半。
長い1日が終わりました。
決勝は翌日の夜からなので少しは体を休めますが、ファイナル進出者唯一の30歳代、果たして体力は回復するのか!?

つづく

|

« 帰国 | トップページ | Asian championship vol.2 »

CLIMBING」カテゴリの記事

コメント

台湾、お疲れさんでした。
やっぱ暁人のパワーが凄まじいことになってる感じですね。それにしても若手に混じっての4位は立派だと思います。おめでとう。
今後どうするか微妙なポジションでしょうが、これからも頑張ってください。
そうそう、11月はRONDOが忙しめなので、どうぞヨロシクです。特にコンペではアジア4位(元世界3位)の実力を、セッターとして参加者に見せ付けてやってください。夜の打ち上げの参加者が30人を超えているので、コンペ参加者は20人越えるかもです(恐っ)。

投稿: dsuke | 2006年10月31日 (火) 22時52分

>dsukeさん
来年の世界選手権まで自分の納得のできるよう頑張りたいと思います。ロンドも頑張ってお手伝いしますよ!

投稿: おかのかん | 2006年11月 1日 (水) 02時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰国 | トップページ | Asian championship vol.2 »