« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

今日の課題

昨日の膝の痛みが軽減したので、仕事の合間を見てトレーニング&課題作りをしてたら、
今度はこ、腰が・・・・

そんな中作った課題を紹介します。(江戸川橋)

2階入り口壁
・スェーデン 4級
パワフルです。
課題名の由来は課題を作ってる途中で流れていたJ-waveで、スペシャルナビゲーターをしていたLiLiCoがスェーデン人とのハーフということでつけました。別にファンでもなんでもないのですが、昔この人と会ったことがあるような気がするんですよね~
しかもタイのクライミングパラダイス(死語)、プラ・ナンで。
ビーチを歩いていたら「日本人ですか?」と声をかけられ、少し話をしたんですが、

「私ハーフなんですよ。」と彼女。

どうりで日本人離れしてるなあ、肌の色も違うし、うんうん、と納得してたら、

「スェーデン人との。」と彼女。

「へっ??」

なんとなくその話題は流れて、すぐにバイバイしたのですが別れた後も、
スェーデンに移民してきた黒人とのハーフなのか??などといろいろ考えてしまいました。

まあ、そんだけの話です。

次。

1F舟壁
・孫 3級
時間差ムーブが面白いのですが誰もやってくれません・・・。要バランス。
・ひ孫 4~5級
カチカチ

あと2Fの奥に40手ぐらいのつなげものを作りました。グレードは12ノーマルぐらい。











| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

東村山

久々に作った課題を紹介します。(東村山店)

・うすかぶり右
「ザ ウェイ オブ キル」 4級
せまい!

「ハート ビート フェイス」 3級
出だしのガストンガバを止めるのが核心かと思ってたら、上部のムーブが要リーチでそちらが核心になってしまう人も・・・

・大壁
初段(名前忘れた)
小川山の初段はこんなもんかな~と思ってグレードしたらみんなさくさく登ってました。

マントル 5.11b~c
マントルは出てきませんが名前はマントル。

トライしていた5.13bぐらいのつなげモノが登れたのですが、どっかで膝を痛めたらしく階段を登るのがちょっとつらい・・・。
あまりひどくなさそうですが念のためアイシングしときました。
Sany0008_3

膝は指、肩に次いで怪我の多いところです。
深キョンやヒールをしているときに、
「バギッ!」
と音がしてアイテテテとなり2週間ぐらい歩けなくなることが多いんですね。

こないだ左膝をやったときにMRIを撮ってもらい診察してもらったら、どうも僕の膝は10人に1人ぐらいの変な(?)膝の形をしているらしく怪我しやすいとのこと。
まあ、気をつけていれば大丈夫なのですが、コンペの時なんかは頑張っちゃうんですよね。
なんで、本気トライの前は、膝っ小僧を何時もより多めに回しております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

hoofmaker

今日は天気予報が外れましたね~。
塩原に行こうと思っていたのですが寝坊してしまいました。
結局だらだら寝てしまい(ああ駄目人間)、夜に東村山にトレーニングに行きました。
最近はつなげもの(手数の長い課題)を中心にトレーニングしています。
今日は5.13ぐらいの課題に挑戦したのですが結局登れず・・・・
最後のトライでは終了点で落ちてしまいました。次回、またトライです。

ところでクライミングシーズン=指の皮膚が割れる季節ですよね。
僕もよく割れてしまう方なのでケアには気を使ってます。
Sany0025_5













ケアとしては寝る前とかにハンドクリームを塗るんですが、僕はこのHoofmakerというのを使ってます。
昔、ビショップ帰りのクライマーのお土産で使ったのが始めてだったのですが、べとつかずスッと皮膚に染み込む感じがすごく良かったんですね。
日本では手に入らないようなのですが、こないだ台湾に行ってたまたま入ったドラッグストアーで運命の再会!!もちろん購入してきました。
その他にもClimb onも使ってます。こちらは香りが気に入っているのと、持ち運びに便利なので、クライミングの後に使うためにザックの隅に入れています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

告知

12月3日に「八海山Bouldering Festival 2006」が妙高市国際アウトドア専門学校で開催されます!
内容は3人一組のチーム対抗ボルダリングコンペです。
一人だとコンペに参加しにくいなぁ、と思っている人でもチーム戦なら緊張しないと思います。仲間とわいわいコンペに参加してみたい人もぴったりのイベントです。
僕もゲストクライマーとして参加しますよ。
詳細はコチラヘ→八海山Bouldering Festival 2006

今日はT壁のお客さんと一緒に小川山へボルダリングに行ってきました。
快晴の中、気持ちよくクライミングができました。
軽くアップの後「AIT」をトライしました。途中軽くホールドが欠けたりしましたが何とか完登
アーケ(カチ持ち)を試される一本でした。
「ait.MP4」をダウンロード(クマっ腹くん撮影)

その後、「真夜中まで」をトライ。
ルーフ内から「ミダラ」に合流するところで落ちましたが前回よりは好感触。
次回のトライに期待ですな。

今日の足代(4人。埼玉から中津川経由。)一人800円。安っ!!


| | コメント (0)

2006年11月15日 (水)

小川山/瑞牆山

こないだの日曜、月曜が11月唯一の連休だったのでクライミングに行ってきました。

日曜は雪がちらつく天気でヒジョーに寒かった。
リョやタカちゃんと「真夜中まで」をトライしましたがルーフ部分のムーブがなかなかデリケートでした。ムーブは小川山マスターの二人にばっちり教わったので次から本気トライしたいと思います。

その日はテントで一泊。

月曜は雲一つ無い快晴。気温も適度な感じで岩の状態はベリー・スティッキー。
小川山で登ろうかなとも思ったのですが当初の予定どうり瑞牆に向かう。

最初、アップ岩の1級で少してこずりましたが何とか完登。
次に、前回雨のためマントルを返せなかった「高野聖」にトライ。
数回のトライの末登れました。ムーブが面白いイイ課題でした。
「kouyahigiri.mp4」をダウンロード

次に美しき日をトライ。
1年前に数回トライして指皮べろんちょ敗退をこいていたのでリベンジです。

で、1回目のトライで早速べろんちょ・・・・・
むかついたのでやっつけときました。

結局ここで時間切れ。
ぽかぽか暖かく快適に登れました。

あ~幸せ。


ルンルン気分で帰宅中、中津川で車底をこすりオイルパンなどを保護しているプラスティックカバーが破損してしまいました。
真っ暗闇の中カバー取り外し作業。

あ~不幸せ・・・・

| | コメント (2)

2006年11月 7日 (火)

台湾うまいもんvol.2

台湾第二の都市である高雄から夜行バスで約4時間かけて首都台北に到着しました。

台北駅で荷物を預け、駅近くのマックで目覚めのコーヒーを飲み早速食べ歩きスタートです。

途中、ニニ八和平公園でリスに会ったり、

Sany01241_2 Sany01211_2

小石が敷き詰められた「健康小道」で悶絶したり、(はだしで歩くのですがマジで痛いです)
Sany01291Sany01271

台湾のお茶目な歩行者用信号に喜びながら、
「SANY0132.MP4」をダウンロード

まず、1食目のお店に到着。
こちらではおかゆと揚げ豆腐を食す。朝ご飯にぴったりのメニューでした。
好吃(ハオツー)!

Sany01381 Sany01391

次に小籠包で有名な鼎泰豊というお店に突入。こちらは5年前にも来たことがあるお店で、日本にも支店があるようです。普通の小籠包とカニミソ小籠包を食べました。好吃!

Sany01401 Sany01411_1

続けて行きますよ~。鼎泰豊から歩いて5分ぐらいのところにある牛肉麺が有名な永康牛肉麺に入店。とろとろまで煮込んだ牛肉が入ったラーメンを食べる。牛肉と麺はおいしいのだが、スープはあっさりというか淡白な感じで日本人には物足りないかも。

Sany01421

ここでタクシーを使い移動。最後の締めとしてデザートが残っております。
(書いてて気持ち悪くなってきた・・・)

まず雙連圓仔湯というお店で焼麻著(揚げ餅のピーナッツとゴマがけ)を食べ、

Sany01431

そして最後に食べたのはあっさりとしたシロップに豆花とブラックタピオカが入ったデザート。

Sany01441

これらすべてを約5時間で食べました。最後の方はもう意地で食ってました。
気持ち悪くなりながら空港へ向かい無事、搭乗。

そしてちゃんと・・・・




機内食を完食しました!!



おしまい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

台湾うまいもんvol.1

みなさんお待たせしました。
台湾で食べまくったうまいもんを紹介します。
今回はいっぱいありますよ~。つーかありすぎるので2部構成でお届けします

コンペ後、まず高雄の六合一路の夜市に出陣。
夜市の長さは500メートルぐらいでしょうか。

Sany01061_2
まず、茹でたカニを塩コショウで味付けしたもの。コショウが効いてて好吃(ハオツー)!!
次に麺を食べたのですがメニューがよく分からず、味の薄い汁麺や鶏肉スープを食べましたがイマイチでした。食べ終わって気づいたのですが素麺にいろいろトッピングして注文するようでした。
Sany01071
ブラックタピオカ入りミルクティーで一休みして、
Sany01081
からすみと生の大根などの串刺しを食べました。からすみだけ食べると塩辛かったのですが、大根と一緒に食べるとちょうどいい塩加減になりました。好吃!!

この時点でもう結構おなかいっぱいに。コンペの節制のせいか胃が小さくなってしまっていたようです。でも負けじと食いまくります。

Sany01121
薄く延ばした小麦粉の生地に牛肉やねぎ、パクチーなどを巻いたものです。
Sany01131
好吃!!

この時点で深夜1時過ぎ。ここで夜市とはおさらばして夜行バスにて台北に移動。

で、今回利用したのは阿羅哈(アロハ、と読む)バスです。
詳しくはリンク先を読んでください。とにかく日本の長距離バスとは比べ物にならないほどのゴージャスさ。全シートマッサージ機&液晶テレビ(14インチぐらい。英語の映画もやってました。)つきでリクライニングもおそらくビジネスクラス並の快適さ。(ビジネス乗ったことないけど)
これで台北までの快適な移動が保証されたようなもんだ「ふふっ。」と思っていたのですが、道の悪さと運転の荒さであまり眠れませんでした・・・・

台北編とつづく

| | コメント (0)

2006年11月 1日 (水)

Asian championship vol.2

予選、セミファイナルを終え翌朝起きてみると、思ったより筋肉痛はマイルドな感じ。
というか年のせいで筋肉痛が来るのが遅いだけなのか!?

今日は6時からファイナルなのでゆっくりしようと思っていたのですが、帰りの夜行バスの手配をしにお昼ごろ高雄駅に向かう。
無事チケットを購入しデパ地下で昼飯を食べ、スタバでゆっくりして会場へ向かう。

女子決勝を観戦している途中でアイソレーションルームに入るよう指示があったので移動。広いアイソレーションルームにファイナリスト6人。いやが上にもピリリとした緊張感が漂う。オープニングセレモニーが終わったらしくいよいよ出陣。
(以下、ファイナル課題をムービーで紹介します。途中映像が止まる場面がありますがエラーではないです。撮影してくれたタイチカありがとう。)

1課題目
壁の形状を使う課題。最後は体が逆さになってゴール(するらしい・・・)

「1st_problem.mpg.mp4」をダウンロード


2課題目
ポケット主体の課題。距離も近くやさしく感じた。サービス課題ぽかった。1撃。

「2nd_problem.mp4」をダウンロード


3課題目
ホールドはすべてガバ。1撃目で終了点落ちし、2回目も同じく・・・。読みは完璧。持久力というか最後の絞り出しが足りなかったか。悔しい。
「3rd_problem.mp4」をダウンロード

4課題目
ラストということで比較的やさしめ。1撃。
「4th_problem.mp4」をダウンロード

結果はセミファイナルから1位順位を上げて4位に。久々の国際大会にしてはまあまあだったと思います。ただ映像を改めて見るとまだまだ反省点がいっぱいあるなーといった感じです。これからその辺を修正して年末のジャパンカップに臨みたいですね。

しかし日本人チームの応援はすごく耳に届きました。特に平山ユージさんの応援はひときわ良く聞こえました。そのユージさんはディフィカルティ種目(リード)で予選からスーパーファイナルまで全完登(!)で優勝。すごいお父さんです。

男子リザルト 
優勝は松島アキト。2位に韓国のソン。3位に茂垣敬太。
この3人は4課題全完登。自分も早くこのレベルにもって行きたいものです。しかしアキト強すぎ・・・。

アジア選手権のトータルの結果はJFAのWEBSITEに出ています。

Sany01011

表彰式を終え

Sany01031

お世話になった加藤先生に挨拶。そして・・・

Sany01051

いよいよ本編(?)「台湾うまいもん」が始まります。

つづく

| | コメント (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »