« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月26日 (月)

アジの開き

明日は久しぶりの休みなので岩に行こうかと思っていたのですが、今日の雨でコンディションが悪そうなのでインドアでトレーニングすることにしました。残念。

まあワールドカップも近いのでプラスチックでトレーニングしなきゃいけないんですけどね。

今日の晩飯はコレ↓

Sany00501

T-WALLのお客さんに頂いたアジの干物。冷凍モノでないらしく、おいしかったです。
M子さん、ありがとうございます。
アジ以外にもおかずはあったんですが、なんかこの写真だけだとスゲーわびしい感じですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

PIRANIA B-SESSION

ちょっと忙しくて2週間もブログを放置してしまいました。
携帯電話からも記事を投稿出来るようにすればいいんでしょうが、まっ、めんどくさいのでやらないでしょう。

先週の金曜から甲府のクライミングジムピラニアで行われたB-SESSIONのセットに行ってきました。今回はボルダリング界の御大である草野さん、室井さんとセットができるということで楽しみにしていたんですが、ちょっと風邪をひいいてしまい体調は万全とはいえませんでした。
Sany0037_3
(試登をする草野先生)
結局、コンペ当日の明け方までセットになってしまいましたが、二人のワールドを存分に味わせて頂きました。疲れたけど楽しかったです。

コンペでは京都の清水くんがスーパーファイナルの末優勝。持ち前の切れのあるいい登りをしてました。女子は予選からスーパーファイナルまで全て完登した野口さんが文句なしの優勝でした。

僕的に今回は準決勝、決勝のグレードを少し甘めにしすぎたのが反省点でしたね。
課題の質的にはみんな楽しんで登ってもらえたかな~。
オーナーの山森さん、草野さん、室井さん、ピラニア常連でセッターのシマさんや、スタッフのみなさんお疲れ様でした。

翌日は復旧作業でホールド付けをしました。
いくつかのコンペ課題は出来るだけ残してあるのでピラニアに寄った際は是非トライしてみてください。
Sany0039
(クス球割り?をするセッター陣)

で、作業終了後はK氏オススメの甲府のラーメン屋がんちゃへ。
和風だしの濃厚かつあっさりスープ(どっちだ!!)が絶妙でなかなかおいしかったです。
ピラニアからも近いので、ジムで登った後はこちらもオススメです。
Sany0040

Sany0041

さて、来月ボルダリングのワールドカップに参戦してくるのですが、ぜんぜんトレーニングできてません。これからかなり気合を入れてやらないと・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月 5日 (月)

もう一つの連休

ひさびさの連休でした。
毎日岩場に行きたかったんですが、次連休を取れるのはいつになるか分からないので
まず部屋を大掃除。
以前使っていた21inchのブラウン管モニターを腰に注意しながら中古屋に持って行ったり(100円で買い取ってくれた)、とにかく使ってないものをいぱーい捨てたり、あちこちに散らばっていた衣類をまとめたり、まあ大変でした。
Sany00661
(この他にもまだまだ服がどこからともなく湧き出てきます。まとめて実家に送ろうっと。)

本来の予定では1日で部屋の掃除を終わらせ、次の日確定申告をする予定だったのですがそこまで手が回りませんでした。

4連休の内2日ほど「丸亀製麺」へ。やはり讃岐の血は争えないようです。
1日目は「日本のカルボナーラ」釜玉うどんを食べました。SOOOOO  YUMMY !!です。

070305004218_1

2日目は釜揚げうどん。ちゃんと入れ放題の生姜もありました。もしショウガが置いてなかったら釜揚げうどんを食べるかどうか微妙だったかもしれません。
それぐらい「釜揚げにはショーガ!」というのはマストなのです。(僕だけかもしれませんが)

070305021036

連休最終日の夜はランナウトのヤマタケさんと美幸さんの結婚パーティーでした。お二人の性格通り明るく楽しいパーティーでした。しかも集まった面子がすごかった。クライミング界の重鎮ぞろいです。その中にいると僕なんか下っ端のぺーぺーですわ。
結局2次会、3次会と続き最後はなんとランナウトでミッドナイトセッション。
しかも夜中の2時から・・・・
つーかみんなもういい年でしょうに・・・(もちろん僕も)
結局始発で帰宅し2時間だけ寝て仕事に行きました。
いや~眠かった。
でも楽しかった~!

お二人ともお幸せに!!
070305022034

| | コメント (5) | トラックバック (1)

5年ぶりのマントル

久々の連休だったのでカニムシをやりに御岳へ。
3日ほどクライミングを休んでいたせいか、体が軽い。かなりいい感じだったが残念ながら登れず。手ごたえは感じていたので次の日に期待して帰路へ。


翌日は夜から結婚パーティーがあったので、御岳で登れるリミットは2時間。
アップをこなし1回目のトライ。リップをかなり安定して取りに行ったが止まらず。
登れはしなかったが、昨日の疲れは感じない。
2回目のトライ。
核心までをノーミスでこなし寄せのムーブをしっかり止める。右手に力がみなぎっているのを感じながらリップへ。

「パン!」

なんでいままで止められなかったんだろうと思うぐらい当然のごとくリップを止め、いよいよマントルへ。実はムシのマントルを返したのは最初に登った5年前の1回きり。でも迷いはなかった。慎重に左足を上げ左手を伸ばす。しかし指の感覚が無くホールドを正確に把握できない。ここで初めて弱気になるが、同時にふと昔の感覚が体に走る。どんなに窮地に追いやられても、あきらめず建て直し進む強さ。核心を越えて落ちるような詰めが甘いクライマーじゃなかったはずだ。バランスを取り直し右手を返す。右足が上がると自重が一気に腕から足へとシフトした。

もちろん登れたのはうれしかったが、自分の中にそういう感覚が残っていたことの方がうれしかった。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »