« ギンザ | トップページ | あけましておめでとうございます »

2007年12月28日 (金)

ハプニング

さっそく更新サボってました。

でもジムでの仕事が続くとあんま書くことないんですよね~。

仕方が無いのでとっておきの失敗談を一つ披露しましょう。

涙無しには語れないストーリーであります。

今年の9月に行われた世界選手権でスペインに行っていた時のこと。

コンペを終え、自分でチケットを手配した僕は一人でAsturiasの空港でマドリッド行きの便を待っていました。この日のうちにマドリッドで大韓航空に乗り換えて日本に帰国する予定だったのです。

マドリッドまでの航空会社はヨーロッパで格安料金の走りとして有名な「簡単噴射」(直訳)。

チェックイン、セキュリティーチェックを終え搭乗口で待っていたら、スペイン語でアナウンスが。

「%&'*>+@#$%&~*}_#"<・・・・」 (もちろん聞き取れず)

そして英語のアナウンスが。

「簡単噴射(直訳)○○便マドリッド行きは霧のためキャンセルになりました。」

Noooooooooooo!!!!!

ヤバイ!マドリッドでの乗り換え時間は余裕を見て半日ほどとってあったけど、飛行機が飛ばないんじゃ意味が無い。ここからマドリッドまでの公共交通機関は他に無い。チケットは格安だから基本的に乗り遅れるとパーだろうし、簡単噴射(直訳)が遅れても大韓航空はそんなの知りませんハセヨ!だろうし・・・・。

ちなみにAsturiasとマドリッドの場所はこんな感じ↓

Map_spain_large_4

とにかく慌ててカウンターへ。小さな空港のひときわ小さなカウンターはチケットを片手に握り締めた人だかりでカオス状態に。

「世界恐慌のときはみんなこんな感じで銀行に押し詰めたんだろうな。」

と、考えながら(ウソ)

「こちとら日本に帰らんといかんのじゃ!」

と、鬼の形相でガイジンの人だかりをかき分けて行った。

そしてスペイン語と英語が飛び交う中、なんとか分かったコトは

・とりあえず今は霧だから飛べない

・霧が晴れたら飛ぶけどいつになるかは分からない

・明日の振り替え便を用意している

・マドリッド行きの振り替えバスがもうじき来る。(マドリッドまで6時間)

時計を見るとマドリッド発日本行きの便までにはまだ9時間ほどある。職員に聞いても

「バスだったらだいじょーぶだよ、アミーゴ。」

と言うのでバスへの引換券を手にし、とりあえず一安心。

と・こ・ろ・が・・・・・・

いつまでたってもバスが来ない・・・・。1時間、2時間と無常にも時は過ぎていく。

ラテン系の言う「すぐ」を信じた僕がバカでした。もう簡単噴射(直訳)をあてにしてもダメ!ってことで他の航空会社を当たってみるも、やはり欠航か満席状態。マドリッド空港に電話して大韓航空のオフィスにつないでもらおうとするが、何度電話してもそんなオフィスは無いと言われる。

刻々とタイムリミットは迫ってきている。脂汗が止まらない(小心)

と、その時に同じくバスを待っていたドイツ人のお姉さんが、

「急いでるんでしょ。なんでレンタカー借りないの?」

それだぁ!

急いでレンタカー会社のカウンターに行き、マドリッド行きまでの車を手配するが、

ここで重大なコトに気づく。

国際免許証持ってない・・・・

いや、いままでも国際免許証を見せずに借りられたこともあった。とりあえずパスポートを出して何食わぬ顔をしてみる。

「ドライバーズライセンス、プリーズ。」

またまた何食わぬ顔をして日本の免許証を出してみる。

「ユーキャントレンタカーウィズディスドライバーズライセンス。」

・・・・・・・・・・。

失意の中、僕はとうとう最後の手段に打って出ることにした。もう迷っている時間は無い。

僕が向かった先は・・・・・

タクシー乗り場。

とりあえず、早そうな車に目星をつけマドリッドまで行けるか?と聞いてみる。

初老の男性は驚いた様子で僕の顔を見て答えた。

運ちゃん:「金はあるのか?」

僕:「いくらだ?」

運ちゃん:「500ユーロ。」

僕:「ちょっと待ってろ。」

ATMに行き金をおろし、彼の前に突きつけた。すると彼はこう言った。

「乗れ!時間が無いぞ!こう見えても俺は昔、このあたりじゃハチロクのゴンザレスと呼ばれていたんだ!(下線部ウソ)」

そして彼の運転するワーゲン・パサートは爆音を上げて走り出した。

160キロ巡航で高速をかっ飛ばすワーゲン・パサート。助手席に座った僕とゴンザレス(仮名)との会話は無い。このミッションを成功させるためにはのんきに会話などしている余裕など無いからだ。というのはウソでこの運ちゃん、英語しゃべれないんです。

時折彼にかかってくる電話がその静寂を打ち破る。

「オラ!(スペイン語の挨拶) 調子はどうだいゴンザレス(仮名)」

「いや~、上客乗っけちまってさ、今マドリッドに向かってるんだ。」

「おいおいマジかよ!闘牛士もびっくりだな!今夜一緒に一杯どうだい、って

思ったんだがそりゃ無理だな。気をつけてな!ベンガ!(スペイン語で頑張れの意味)。」

会話はすべて推測だが、こんなやり取りが交わせれていたに違いない。

ひたすら走ること5時間。ゴンザレス(仮名)が初めて車を止めた。誰かを待っているようだ。すると彼の友達らしき人物が現れた。どうも空港までの案内役らしい。確かに田舎のいちドライバーがマドリッド空港までの行き方など知るよしもない。

岩手県でタクシーを捕まえて、「成田第一ターミナルまで。」って言ってるようなものだ。

ゴンザレス(仮名)の作戦は成功だった。マドリッド空港までのルートは複雑で案内図もろくに出ていなかった。しかし友達の先導で順調に進むも、出発時刻までもう1時間を切っている。

ずーと手はぬめりっぱなし。コンペの最終課題トライ前の緊張感に匹敵すると言ってもいい。いよいよもうだめか・・・・と諦めかけた時、見えた!

空港の明かりが!

とりあえず出発時間までには着いた。後はチェックインカウンターがまだ開いていることを祈るのみだ。荷物を降ろしゴンザレスと握手を交わす。そして僕は言った。

「おまえは俺のフェルナンド・アロンソだ!アミーゴ!」

空港に入ると、職員に声をかけられた。

「オカノヒロシイムニダ?」

間に合った。よかった。チェックインを済ませると僕にはまずやるべきことがあった。それは・・・・

トイレ。

6時間休憩無しで緊張しっぱなしだったからもうパンパンでした。

帰国後、キャッシングの請求に泣いたのは言うまでもありません・・・・

おしまい。

|

« ギンザ | トップページ | あけましておめでとうございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

面白すぎます。
500ユーロを今の為替レートで換算すると…
¥83,182- 高っ!!大変でしたね。

投稿: A | 2007年12月29日 (土) 00時03分

ずいぶんスリリングな旅だったのですね。
格安チケットが、激高チケットに早代わり!!
それにしても、無事に帰国できてよかったですよね。
 
よい年をお迎えください。

投稿: naoi | 2007年12月31日 (月) 17時33分

今年もよろしくです!
僕も以前、格安チケットでヨーロッパから帰れなくなるハプニングがありました。後で考えれば、まぁ何日かゆっくりしてから変えればいいかと思うのですが、その時ってマジ、死ぬか生きるかくらいのビビリ方しちゃうんだよね。

投稿: Butterfly haruking | 2008年1月 1日 (火) 17時50分

>Aさん
いや~いい勉強させてもらいましたが高くつきました。でも日本だと東京~大阪間が約500キロちょっとで、もしタクシーで行くと¥20万弱・・・・(by NAVITIME)スペインでよかった?

>naoiさん
現地で片道チケットを買おうかな、とも思ったのですが、いろいろ考えた結果こうなりました。やはり格安はリスキーですね。今年もよろしくお願いします。

>Butterfly harukingさん
いやーその時のテンパリ具合ははんぱ無かったと思います。でもスペイン帰国後、3日後に南アフリカ出発だったし、その間に岩旅取材も入ってたのでどうしても帰らなきゃいけなかったんですよね。貧乏暇なしです・・・

投稿: おかのかん | 2008年1月 1日 (火) 22時01分

ジムでお世話になっています。

かなり受けました!


自分も韓国語少し話せます。

サンドウィッチ
「パンニハムハサムダ」

投稿: 突風 | 2008年1月19日 (土) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85263/9606360

この記事へのトラックバック一覧です: ハプニング:

» 福岡激安格安物件 [格安]
福岡賃貸 [続きを読む]

受信: 2007年12月28日 (金) 17時45分

« ギンザ | トップページ | あけましておめでとうございます »