« Europe | トップページ | CHAMONIX »

2009年7月11日 (土)

Barbara rifugio

2日間フリーの時間があったので目をつけていたBarbara rifugioに行ってきました。大体の場所は調べて行ったのですが、現地でどうにかなるやと思っていたら迷いに迷いまくって、挙句の果てには車を止めて4時間歩かなければならない、と尋ねたイタリア人に言われ、ホント敗退しようかと思っていたところ、別のイタリア人に聞いたら、「車で行けるよ。」とのこと。そのイタリア人にふもとの入り口まで案内してもらい一気に1000メートルほど高度を稼ぐとそこはハイジの世界。苦労して来た甲斐があったというものです。無事rifugio(山小屋)に寝床を確保し夕食までのわずかな時間でボルダリングしようとあわててマットを背負って出たものの、一気に高度を上げすぎたのとロングドライブのせいで頭が痛い・・・。んでもってこの日はエリアをざっと見て簡単な課題でお茶を濁しました。
宿の夕食は、サラダにパスタにリゾットに豚と鳥のソテーにデザートとフルコースでそれぞれ2人前はありそうな感じ。腹がはちきれんばかりに食べて相部屋のベルギー人のハイカーとちょっと話をして就寝。

翌日、早起きしてボルダリングへ。とりあえずアップでとフレンチの6台を触るがけっこう悪い。岩はよく山にありがちなグサグサしたつるつるのものでホールドはシャープ。はっきり言って岩の質は良いとは言えないが(好みにもよりますが)かぶった岩が多いのはポイントが高いかも。時間もあまり無いので何とか落とせそうなFat bustard(7c+)に狙いを定めてトライ。この課題は見た目も内容も★★★でぜひお薦めの一本。かぶった壁のカチカチホールドを握り締め適度に指力が尽きたところで最後の一手が核心というもの。最後のガバをつかんだ時にはあ~来て良かったって感じでした。カチの強い日本人はフラッシュ狙えるかも。ここでは他に一組だけイタリア人のグループに会ったのですが彼らもこの課題をやりにやってきてたみたいです。
ハードな課題もあるしヨーロッパで夏涼しく登れる貴重なエリアなのでツアーの一つとして考えるのも良いかもしれません。景色を眺めてボーっとするだけでも気持ちがいいところです。

Img_35901

P10108021


Img_36401

Img_36231
(Fat bustard)

P10107991
(山小屋の晩御飯)


P10107941
(カルフールで)

P10107971
(ブローのローカル御用達?足拭きマットの「タピ」を購入)


Img_35851
(レンタカーはBMW。めちゃハヤっ!)

|

« Europe | トップページ | CHAMONIX »

CLIMBING」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85263/30494853

この記事へのトラックバック一覧です: Barbara rifugio:

« Europe | トップページ | CHAMONIX »